2018年5月20日日曜日

『うっかりミス』と『自分だけの遊び』



先日、札幌にも夏が近づいてきたとの記事をアップしましたが、何の嫌がらせかその日に北海道では季節外れの雪が降りました。しかも積雪を記録した地域もあったそうです。
最近の天候は本当に予測がつかなくなってきていますね。でもこのまま涼しい夏を迎えてくれれば言うことは無いのですが・・・きっと今年も暑い夏が長く居座るのでしょうね。

 という事で今日は「うっかりミス」についての話をしていこうと思います。冒頭の書き出しと何も関係が無くてすいません。たまにはこういうこともしてみたかったのです。
え?いつもこんな感じですって? いや、いつもはもっときっちりやってますよ。冒頭の書き出しから上手いこと流れを作って、美しく文章をまとめ・・・やめておきます(-_-;)

 うっかりミスの話ですが、最近うっかりミスすることが多くなったなと、自分で思っています。事あるごとにうっかりミスを繰り返している気さえします。なんか気が抜けてるのか、神経が緩んでいるのか・・・しっかりしないとダメですね。

私はブログを始めてからずっとWordに記事を書き、それをコピーしてブロガーの投稿画面に貼りつけ、画像などを貼りアップしています。で、一度アップした記事を間違ってまたアップしないように、投稿済みの記事には×、投稿していない記事には〇と、記事の上の所に書くようにしていたのですが、いつからか「まだ」や「まだ投稿していない」と文字で書くようになり、最近では意味不明な文章を書くようになっているのです。

  例えば
「机の下には子犬が3匹 それがどうした ホーホケキョ」
「五月雨降る路上に一つのマシュマロ お爺ちゃんの笑顔だ」
「ジャガイモを掘っていたら大根が出てきた こりゃ困った 今夜はニンジンの金平だ」

このような意味不明な言葉を、まだアップしていない記事の上に書いておき、投稿済みの記事と間違わないようにしているのです・・・が、こんな言葉が記事の出だしに書いてあったら、読者さんは混乱してしまうでしょう。「最初の一文は何だったの??」となってしまうでしょう。ですから私は、毎回細心の注意を払い、投稿前の印の意味不明な一文までコピーしてしまわないようにしているのですが、たまに気づかないでコピーしてしまい、うっかりそのまま投稿してしまうこともあり、ブロサーに反映される前に大慌てで記事を修正したことが何度かありました。




 それなら、そんなアホなことを書かずに〇や×の印でいいだろ、と思われるかもしれませんが。ブログ記事を淡々と書いていく作業の中に、こういった意味のない遊びを取り入れたくなってしまうんですよ。悪い癖です。悪い癖ですが・・・こういった自分だけの遊びを取り入れることで、楽しみが増したりしませんか?

 意味がないことに意味がある自分だけの遊び どこかに取り入れることで何かが変わるかもしれませんよ。
ただ私のようにうっかりミスをしてしまう方は、大事なところに遊びを取り入れるのはやめてくださいね。

もしも今後私の記事の冒頭に意味不明な文が書いてあったとしても、「あ、こいつ今日、間違ってこれまでコピーしたんだな」と思ってスルーしてください。


   シバジョーのつぶやき
久し振りにセブンイレブンのエビマヨおにぎりを食べたのですが、とても美味しかったです。昔からセブンの海老マヨおにぎりが大好物で、一時期は狂ったように食べていました。でも不思議なもので食べなくなると、全然食べないんですよね。で、先日、半年ぶりくらいに海老マヨを食べたら・・・美味い! このおにぎり安いのに美味しいんですよ。
またハマってしまわないか心配です(-_-;)



2018年5月19日土曜日

スキンヘッドで街を歩こう



美容院に行き髪を切ってきました。ちょっと短すぎたかなぁ~って気がしないでもありませんが、やっぱり切ってしまうとスッキリしますね。

 私は人生で一度も坊主頭にしたことはありませんが、ボウズも気持ちいいのかなと思っています。中学高校の頃は坊主頭にするのが絶対に嫌で、やりたいスポーツがあってもボウズを強制される部活には入りませんでした。でも大人になってから、少しだけボウズに興味が出ています
。それも1センチ2センチ残したボウズではなく、やるなら思い切ってツルッツルのスキンヘッドにしてみたいですね。これから暑くなりますし、ちょうどいいかもしれません。

こんな私はどうでしょう?


 しかし私は恥ずかしがり屋ですので、スキンヘッドで人前に出ることなんて出来そうもありません。ですからきっとウィッグを着用して外出することになるでしょう(-_-;)
でもスキンヘッドに着物って似合いそうだと思いませんか。
毎年暑さに悩まされる夏も、涼やかに過ごせるかもしれません・・・

けどやっぱり、そんな格好していたら視線を引くでしょうから、私には出来そうもないですね。けどスキンヘッド頭の人がで公園でソフトクリームでも食べてたら可愛いと思いますけどね~。
ニコニコ笑いながらソフトクリーム食べるスキンヘッド・・・こうやって書いたら少し気味悪いですかね


やっぱりスキンヘッドにはせず今の長さが私にはお似合いかな


  シバジョーのつぶやき
数か月前からツイッターに復帰した私ですが、ほとんどつぶやくこともなくブログ更新のお知らせ程度にしか使っていませんでしたが、昨日はテキーラさんをロックで飲んでいたせいか、普段ブログでは使わない口調でいろいろつぶやいてしまいました(-_-;)
やっぱりお酒は駄目ですね。特に普段あまり強いお酒を飲まない私が、テキーラをロックなんて無理です。昔は好きでしたけど、今はほろ酔いサワーで十分かも。

さて、ボトルに半分ちょい残ったテキーラをどうしようか・・・



2018年5月18日金曜日

暑い夏でも快適過ごせるかもしれません



 ついこの前まで一面が銀世界だった札幌も気温が急激に高まり、先日はまだ5月にも関わらず27度まで気温が上がったようで、外を歩くだけでも蒸し暑く汗ばんでしまいます。

暑さにめっぽう弱い私には、厳しい季節が近づきつつあるようです。

夏になると札幌でも連日30度越えする日が続きますし、熱帯夜になることも珍しくありません。私にとっては毎日のように「顔が濡れたアンパンマン」状態の日が続きます。
「顔が濡れて力が出ない・・・」ではなく「暑すぎて力が出ない・・・」ですけどね。
かき氷の中に1週間ほど引き籠りたくなります。


 そんな暑さに弱い私が、毎年どうやって夏を乗り切っているかと言いますと、凍らせた保冷剤を首に巻き付けるなどの方法です。古臭い暑さしのぎですが、これぐらいしか方法がないんですよね。そしてこの凍らせた保冷剤を巻きつけ効果は、大したことがないと言えばないのですが、少しだけ助かる時もあります。広い砂漠でオアシスを見つけた時の、民の踊り出す心のような、喜びと冷たい幸せが一瞬だけ私に訪れます。一瞬ですけどね・・・ 冷たさにもすぐに慣れてしまい、熱に歪む天を仰ぎます。

 そんな辛い夏を、今年はどう乗り切ろうかと色々考えています。

そして考えた策の一つが『着物を着よう!』です。



着物で夏を過ごすのは厳しいかなとも思いましたが、麻素材の着物を選べば真夏日でもそこそこ涼しく過ごせるらしいのです。そして男性用の着物は袖口、首元、足元の通気性が良いので、風が入ってきやすく、熱がこもりにくいのです。
 さらに下着もふんどしに変えると信じられないほど快適になるのだとか・・・ しかし私はふんどしをしたことがありませんし、そこまでして涼しさを求めなくてもいいかも。

 で、一番大きな問題は、着物姿でデートに行ってレビさんが受け入れてくれるかどうか(-_-;) 
着物姿で待ってる私を見たらスル―されるのではないかΣ(・□・;) との不安も・・・
でもその時は追いかけますよ。走ってすぐに捕まえに行きます。
でも着物を着ているという事は革靴ではなく、和の履物でしょうから走ることも出来ないでしょうね。


  シバジョーのつぶやき
朝ごはんをパン食から白米に変えようかなと思っています。私はパンが大好きですので、朝ごはんはトーストやクロワッサンなどを食べているのですが、白米や玄米を食べていく方が健康的にもいい気がしています。
 でも急に白米などを食べるとなると、おかずが困ります。朝から魚を焼いてられませんしね。鮭フレークやふりかけがいいとこですかね。
鮭フレークって安物の方が美味しい気がするのは私だけでしょうか。身が大きくしっかりしている鮭フレークより、身の小さいパサパサの鮭フレークの方が美味しい気がします。後者の方が食べ慣れているからそう感じるのでしょうかね。あの手のひらサイズの瓶に入った鮭フレークです(^-^)




2018年5月16日水曜日

ピアノが弾けたなら 



 若い頃にやっておかなくて、後悔していることってありませんか。

私は後悔していることがいくつもありますが、その内の一つがピアノを習わなかったことです。
私は一人っ子でしたので、両親はいろいろな習いごとをするチャンスを与えてくれてましたが、ピアノだけは習わなかったんですよ。



 多分私が頼めば、両親はピアノのレッスンも受けさせてくれたと思います。「なんでもやっておけ。なんでも知っておけ。若いうちに学ぶことは全て人生の財産になる」という感じの考え方をする家庭でしたので、ピアノだって簡単にやらせてくれたはずです。

ですがその頃の私は(小学1年生くらい)、習い事よりも友達と遊ぶことに呆けてまして、知的経験的財産を築き上げる時間を無駄にしてしまいました。友達と遊ぶことだって財産にはなるんですけど、もっと幅広く知と経験を積んでおけばよかったな、と思っています。
その方がもっと芯の強い自分でいられた気がします。

 
 それでピアノの話ですが・・・
私は昔からジャズが好きでしたので、自分でピアノを弾きジャズを奏でたいな~、なんて考えますね。夕焼け照らす春の空の下、ウォッカの甘く色鮮やかな香りを楽しみ、keith Jarrett Trio On Green Dolphin Streetでも奏で、ジャズの音色に満たされたウォッカをロックでクィッと・・・ タハ― 最高じゃないですか。

その後は酔った指先でBill EvansWaltz For DaddyMichel CamiloCaribeを不格好に弾き、猫の吐息のような静かな夜を待つのです。


 そんなことが出来たら本当に最高だと思うのですが、私はピアノに触れた事すらほとんどない人間ですので、出来っこないですよね(-_-;)

悲しい事です… あの遊び呆けていた時期に1日1時間でもピアノのレッスンに行っていれば、口笛ではなくピアノでジャズを奏でられたのに。
下手でもいいんですよ。プロのピアニストのように弾けなくともいいんです。自分や自分の愛する人のために弾くのなら、技術よりも心でしょう。とにかく音楽を音楽と成す、ジャズをジャズと成す、最低限度の力があれば私にとっては十分です。
なのに私は、その最低限度の力すら身に付けることをしなかったのです。

 その結果、パソコンでジャズを聴くだけですよ・・・

人は学ぶべき時に精一杯学んでおかなければならないのでしょうね。例えそれが人様に認められない技術や知恵であってもいいのです。自分のためになる何かを身に付けることが大切でしょう。

学ぶことを怠ると、後に大きな後悔に襲われます。という話でした。

私のブログを子供たちは読まないでしょうが、空っぽだと小さく縮こまっていく器が、大きく開いているうちに、たくさん財産を詰め込んでおいてほしい。学ぶチャンスを逃さないようにしてほしい。という気持ちでこの記事を書きました。

学びの器が開いているうちに財産を。

  シバジョーのつぶやき
子供の時は、パスタ麺は固めが好きでしたが、大人になるにつれ普通の硬さか、少し柔めが好きになりました。
パスタ麺の好きな硬さのアンケートの結果は、「芯がギリギリなくなった程度」が3位で、「アルデンテ」が2位、「普通」が1位らしいです。そして少し柔らかい麺は4位、柔らかい麺は5位。私の食の好みは人と違ってきているようです・・・

柔すぎても嫌ですけど、適度に柔い方が美味しい気がします。アルデンテや硬めでも美味しくないってことは無いですよ。好みの問題です。

さて、ピアノを弾く前にパスタでも作っておくか。海老とアボカドのトマトクリームソースなんていいかも・・・ 


2018年5月15日火曜日

『ブイヨンからのおれい』に行ってきました



 ほぼ日刊イトイ新聞と言うサイトがありまして、私はこのサイトが大好きで毎日のように見ています。このサイトは糸井重里さんが運営していまして、毎日のように糸井さんが飼っている「ブイヨン」という犬の画像や、「ブイヨン」がどのように過ごしていたのかなどを掲載していまして、私はそれが楽しみで毎日見ていました。

 これがブイヨンちゃんです。画像はほぼ日刊イトイ新聞からお借りしました。


 しかし、生きものには寿命がありますからね。悲しいことに今年の3月21日にブイヨンちゃんは亡くなってしまいました。
糸井さんの悲しみは計り知ることが出来ませんし、ブイヨンちゃんが好きだった私たち読者にとっても大きなショックでした。

 そしてそんな私たち読者の悲しみを知ってか、糸井さんは「ブイヨンからのおれい」と言う展示会を日本各地で開いてくれまして、先日札幌でもloftで「ブイヨンのおれい」の展示会が開催され、行ってきました。
















こちらが「ブイヨンからのおれい」で無料で配られていたハンカチです。



市販品の「ドコノコ」ハンカチとは柄の違う特別仕様のようです。









 そして昨日は、糸井重里さんが東京から札幌loftに強行軍でいらっしゃって、サイン会やお話をしてくれていましたが、その整理券は朝9時からの配布でしたし、私は用事もありましたので、糸井さんにお会いすることは出来ませんでした。

 ですが札幌を後にした糸井さんの言葉に「また札幌に行きたい」と書いてありましたので、次回こそは会えることに期待しています。
糸井さん、また必ず来てくださいね。


ブイヨンちゃん、ありがとうね!
私は絶対に君の事を忘れません!


   このサイト面白いですので良かったら覗いてみてください
       ほぼ日刊イトイ新聞

  シバジョーのつぶやき
私が長い期間禁煙をしていると聞いた友人が「それだけ禁煙しているならたまに吸ってもいいんじゃない」と言いましたが、どれだけの期間禁煙していたからと言って、吸うことは出来ませんよ。自分で「タバコはもう吸わない」と決めた以上、絶対にタバコを吸いません。
自分で決めたことくらい守らなくちゃなりませんからね。意地でも吸ってやるか、と思っています。自分の中のルールを簡単に崩してしまうようじゃダメですよね(^^;

・・・でもたまに食べ過ぎてしまうことくらいはいいでしょう・・・ たまにはね(-_-;)
美味しいものにはひれ伏すのが人間である  byシバジョー



2018年5月14日月曜日

チョコミント好きに吉報です



 私はチョコミントが好きだと何度か書いてきましたが、またチョコミント商品が発売されると聞いてワクワクしています。自分で思いますよ、私って子供っぽい食べ物が好きなんだなぁって。でも好きなものは好きですから、あーだこーだ言っても始まりません。
美味しいものは食べたもの勝ちですから。…ただ食べ過ぎてしまった後にはしっかり体を絞らなければなりませんが。

 で、チョコミントのどんな商品が発売されるかですが、

  チョコミント味のガリガリ君です!



これは美味しそうじゃないですか。ガリガリ君にはナポリタン味など明らかな失敗作もありましたが、これは当たりでしょう。
チョコミント味が美味しくないわけがないと思います。

でもガリガリ君好きの人達の間ではこの「チョコミント味」に不安の声も上がっているようです。
その不安の声は「チョコミントは歯磨き粉の味しかしないから嫌だ」や「チョコミントはアイスで食べるから美味しいのであって、かき氷のようなガリガリ君で食べるものではない。美味しくない気がする」なんてものが多いようですが・・・

 これは絶対美味しいですって!


 ガリガリ君を販売している赤城乳業株式会社さんは、過去にガリガリ君で失敗もしていますから、いまいち信用できない気持ちもわかります。
上にも書いた「ナポリタン味」、それに「シチュー味」や「コーンポタージュ味」など、わざわざアイスにする必要のない物まで商品化してしまった暗い過去がありますから、この流れで「チョコミント味」も外れのような気がしてしまうのも仕方がないですかね。




 でも今度は大丈夫でしょう。
ガリガリ君のチョコミント味は美味しい・・・はず!

断言はしませんでした・・・
  シバジョーのつぶやき
また革靴の話ですが、新しく出した革靴がやっと足に馴染みました。と言うか、もうバッチリです。この革靴を履いて42.195㎞を走ることだって出来るでしょう。(そういえば今年は雪が溶けてから全然走ってないな。走り込んで体を絞らないと。そしてポッキーのような細い体に・・・)

そしていつかはこの革靴でGREAT RACEに出てみようかな。でも完走できたとしても、靴は見る影もないほどボロボロでしょうけど(-_-;)



2018年5月13日日曜日

街の陰に指す光 路地の魅力



 綺麗な街中にある路地ってちょっと惹かれませんか。

街の表とは違って華やかさはありませんが、光が当たらない場所だからこその味と言うか渋さがあると思いませんか。

路地にこそ街の本当の顔がある! そんな気がしませんか。


私は昔、街の路地っぽいところが大嫌いだったんですよ。なんか気味が悪いというか、一度入ってしまったら出口が消え、出てこられなくなってしまうような気さえしてました(-_-;)

特に酒瓶などが山積みにされている路地なんかは、本当に怖かったです。

ですがそんな私も大人になると、路地も悪くないなぁと思うようになり、今では好きになってきています。

本当に路地って独特の雰囲気がありますよね。湿り気の強そうな小汚い路地には入りませんが、ある程度綺麗な路地に足を踏み入れた時は少しワクワクしてしまいます。

そして路地や路地裏にあるお店って魅力的なところが多い気がします。その街に馴染んだ昔ながらのカフェなんか最高ですね。店内にはコーヒーと小倉トーストの香り、その香りを包み込むような愛おしい空気に溢れていて、何時間でも居座りたくなってしまいます。

以前札幌にあったカフェでは、コーヒーだけ注文したお客さんに、口寂しくならないようにと無料でナッツを出してくれてましたし。そんな心遣いもとても嬉しくなりますよね。それだけでコーヒーの味も3倍はアップしたように思えます。

 そしてカフェだけではなく雑貨屋やセレクトショップなども、いい味を出しているんですよね~
海外のデザイナー物ばかり扱っているお店の隅っこに、スタッフ手作りの服やカバンが置いてあったり、壊れ物の作品や失敗作をタダ同然で集めて、手ごろな値段で販売しているお店があったり・・・

表通りに無いからこそ、こういったお店の良さが際立つのでしょうね。
街を支える脇役でありながら、表通りに立ち並ぶお店を凌ぐほどの魅力を持つ店が佇む路地・・・ 陰にあればこその輝きか、輝きが強いからこそ陰に立つのか。
立ち入りづらい雰囲気こそありますが、一度足を踏み入れればあなたも街影の光に魅せられるかもしれませんよ。」



   シバジョーのつぶやき

私はけっこうZARAの服が好きで、ここのカットソーを毎年7着くらい買っています。ZARAの服って安いのに私好みのデザインがありますので愛用しています。
多少デザインが気に入らなくたって安いにこしたことありませんからね。
この前セレクトショップで見たカットソーなんて4万6000円もしてましたし、とても手が出ません。たぶん素材とかもいいのでしょうが、4万6000円ってのはちょっと・・・
それならもうZARAで十分ですよ。ZARAならカットソー一枚3000円、セール時なら1980円で買えますからね。
4万6000円のカットソーで文句言う奴がセレクトショップなんか行くなと怒られそうですが、あのカッソーにそこまで価値は無いと思います。あ、ちなみに靴下は6900円で売ってました(-_-;) そんな靴下履いてどこに行けと? 4足900円の靴下で十分ですよ(^-^)



『うっかりミス』と『自分だけの遊び』

先日、札幌にも夏が近づいてきたとの記事をアップしましたが、何の嫌がらせかその日に北海道では季節外れの雪が降りました。しかも積雪を記録した地域もあったそうです。 最近の天候は本当に予測がつかなくなってきていますね。でもこのまま涼しい夏を迎えてくれれば言うことは無いのです...